歯の健康は体の健康|ホワイトな生活

最新技術の利用

インプラントの歴史と現在の情報

インプラントは、歯が無い場合に使用する人工的な歯根の事です。 様々な歯科医院で使用されているインプラントは、ヨーロッパでは紀元3世紀頃から使用されています。 中南米で昔使われていたインプラントは、貝を使用していました。 骨と結合する事により耐久性と安定性を可能にしたインプラントは、臨床結果により1980年代に世界各地でその優れた効果が知られるようになりました。 1950年頃には金属を使用するようになり、1960年頃にはスクリュー形状のインプラントも開発されるようになりました。 現在では、さらに優れたインプラントも開発されるようになり、1本の歯が無い場合や全部の歯が無い場合でも治療する事が可能になりました。

治療法の種類などについて

骨と結合する事により強度に優れているインプラントは、様々な治療法があります。 アバットメントと義歯を固定する方法は、スクリューと義歯をインプラント体に付ける方法とセメントを使用して義歯を固定する方法があります。 スクリューやセメントを使用して固定する事により義歯が外れにくく、安定させることが可能です。 その他の治療法は、ブリッジを使用する方法や取り外す事が可能な義歯を製作し治療する方法などがあります。 ブリッジを使用する方法や取り外す事が可能な義歯を使用する治療法は、安く治療する事が可能な反面、耐久性や安定性に問題があります。 義歯をしっかりと固定し、安定した噛み合わせを可能にするインプラントは、これからも歯の無い人の助けとなります。